ツーリズムEXPOジャパン 2022

木曽観光連盟

 長野県南部にある木曽谷は、かつて、文豪・島崎藤村が「木曽路はすべて山の中」と書いたように、木曽川を挟んだ深い渓谷です。
江戸時代に整備された「中山道」の十一の宿場のうち、特に「妻籠宿」「奈良井宿」は、住民による長年の保護活動を通じて、今もその面影を色濃く残し、世界中からの観光客を魅了しています。
 山岳信仰の谷でも知られ、特に標高3,067mの木曽御嶽山は、富士山と並んで庶民の信仰を集めたことで知られます。
谷の93%を占める森林は、「木曽ヒノキ」をはじめとして良質な材木の産地として古くから全国に知られたばかりでなく、木や自然の恵みを使った数多くの伝統工芸も生み出しました。
「中山道」から一歩奥に進めば、この谷の大自然と、それと共に生きてきた人びとが今なお紡ぐ生活に触れることができる魅力のアドベンチャーデスティネーションです。
※長野県木曽エリアは、「木曽路」として2016年に「日本遺産」に認定されました。
ブースNoR-078
出展エリア日本
公式サイトhttp://www.kisoji.com/
SNSリンク
  

 Photos

 Videos