ツーリズムEXPOジャパン 2022

徳島県(にし阿波)

徳島県「にし阿波」は、そびえ立つ山々の奥にある、「秘境」を連想させる地域です。
豊かな自然とともに、それらと共生する、伝統的で素朴な人々の生活が今もなお息づいています。
自然を活かした「アクティビティ」や「食」などの体験や、この地域で暮らす人々と交流する「農泊」などの
コンテンツを揃え、皆様をお待ちしています。
ブースNoR-096
出展エリア日本
主な業種観光関連団体(観光協会・連盟)
公式サイトhttp://nishi-awa.jp/
SNSリンク
  

 Photos

 Videos

グルメお取り寄せコーナー出品中! こちら

 ブース内イベント(体験イベント)

私たちの住む地域は、隠れたそばの名産地。傾斜地が多く、米の栽培が難しかったことから、そばやハダカ麦などの雑穀を伝統的に栽培してきました。普通のそばと違い、小麦粉の量を最小限にとどめているので、太く、短く、香りが良いのが特徴です。今回は試食だけでなく、先着6名の方にはそば打ち体験も実施頂けます!
また、試食をしながら皆様にお聴き頂きたいのが、この地域で歌い継がれる、民謡「祖谷の粉ひき節」です。作業の辛さを和らげるため、歌われてきた伝統的な民謡を聞きながら、打ち立てのそばをご堪能ください。
きなこ飴とは、はったい粉やきな粉に、水飴などを加えて作られた、古くから地元で親しまれるお菓子です。試食だけでなく、先着9名のお客様には、実際に「きなこ飴作り」を体験頂けます!そんなきなこ飴を作るのが「磯貝ハマ子・理恵親子」です。雑穀や野菜を自ら栽培・加工した商品を、通販サイトで販売しており、全国にたくさんのファンがいます。その中でも人気商品の「きなこ飴」作りを実演し、地元でもめったに味わえない、出来立てをご賞味ください。
徳島は、この藍染めの元となる藍染料「すくも」づくりの日本一の産地として、最盛期の江戸時代には全国各地へ出荷しておりました。現在もその伝統が引き継がれ、徳島でつくられた「すくも」を阿波藍と呼びます。
皆様には、阿波藍で手染めした布を選んでいただき、自分だけのファブリックパネルをお作りいただけます!ぜひ御参加いただき、藍染特有の風合いや清涼感を感じてください。
四国吉野川は、水の綺麗さに加え、激流と景色の美しさ、から世界有数のラフティング・カヤックの適地ともいわれ、2017年には、ラフティングの世界大会の会場にも選ばれました。3mを超える大波と2mの落ち込みなど、迫力、スリル満点。そんな四国吉野川のVR動画を見ながら、ラフティング体験ができます!
私たちの住む地域は、隠れたそばの名産地。傾斜地が多く、米の栽培が難しかったことから、そばやハダカ麦などの雑穀を伝統的に栽培してきました。普通のそばと違い、小麦粉の量を最小限にとどめているので、太く、短く、香りが良いのが特徴です。今回は試食だけでなく、先着6名の方にはそば打ち体験も実施頂けます!
また、試食をしながら皆様にお聴き頂きたいのが、この地域で歌い継がれる、民謡「祖谷の粉ひき節」です。作業の辛さを和らげるため、歌われてきた伝統的な民謡を聞きながら、打ち立てのそばをご堪能ください。
きなこ飴とは、はったい粉やきな粉に、水飴などを加えて作られた、古くから地元で親しまれるお菓子です。試食だけでなく、先着9名のお客様には、実際に「きなこ飴作り」を体験頂けます!そんなきなこ飴を作るのが「磯貝ハマ子・理恵親子」です。雑穀や野菜を自ら栽培・加工した商品を、通販サイトで販売しており、全国にたくさんのファンがいます。その中でも人気商品の「きなこ飴」作りを実演し、地元でもめったに味わえない、出来立てをご賞味ください。
四国吉野川は、水の綺麗さに加え、激流と景色の美しさ、から世界有数のラフティング・カヤックの適地ともいわれ、2017年には、ラフティングの世界大会の会場にも選ばれました。3mを超える大波と2mの落ち込みなど、迫力、スリル満点。そんな四国吉野川のVR動画を見ながら、ラフティング体験ができます!
徳島は、この藍染めの元となる藍染料「すくも」づくりの日本一の産地として、最盛期の江戸時代には全国各地へ出荷しておりました。現在もその伝統が引き継がれ、徳島でつくられた「すくも」を阿波藍と呼びます。
皆様には、阿波藍で手染めした布を選んでいただき、自分だけのファブリックパネルをお作りいただけます!ぜひ御参加いただき、藍染特有の風合いや清涼感を感じてください。