ツーリズムEXPOジャパン 2022

一般社団法人土佐れいほく観光協議会

土佐れいほく公式ガイドブック
https://www.kochi-ebooks.jp/bookinfo/motto-asobo/
高知県の土佐れいほくエリアとは、山に囲まれた大豊町・本山町・土佐町・大川村の4町村の事です。今までの高知県観光は、高知市から西(四万十~足摺)に向かうか、東(室戸岬)に向かうか、という選択だけでしたが、高知から近い”嶺の向こう”に、実は吉野川流域のアドベンチャー・エリアがあるのです♪
① 意外とアクセスが良い
 高知市から30分、香川県高松市にも60分、愛媛県松山市にも2時間弱で行けるアクセスの良さ。れいほくエリアで昼間遊んでも、夜には高知市や高松市に移動できます。しかし嶺北エリアにもクオリティの高いホテルも出現したので、それはもったいない。アウトドア用品のモンベルが開いたコテージ、そして全室レイクビューのさめうら荘レイクサイドホテルにぜひ泊まって欲しい。
② 世界レベルのラフティングが楽しめる吉野川
 大豊町の吉野川ラフティングは大人気スポットです。国内で唯一ラフティングの世界大会が開かれた聖地です。難所から初心者でも楽しめるポイントもあり、満足体験を約束できます。
③ 早明浦ダムと、さめうらレイクタウン
 吉野川の早明浦ダムは『四国の水がめ』として有名ですが、なんとその上でカヌーやSUPが楽しめる事をご存じですか?さめうら荘レイクサイド・ホテルの隣にはさめうらカヌーテラスがオープンし、最近ですぐそばにキャンプ場もオープン。1人キャンプから受け入れ可能です。
④土佐あかうしを食べに来て
“脂身が少なくヘルシー”な土佐あかうしの原産地です。ステーキ、バーベキュー、しゃぶしゃぶと食べ方も選べます。
⑤ 星空と雲海
 大豊町の山荘梶ヶ森には天文台併設の宿泊施設として有名です。大型望遠鏡で満天の星を楽しめます。本山町のモンベル・ショップにも大型望遠鏡が設置され、星空観光の地として今年から本格始動を始めます。そして、秋以降は早朝には山に雲海がかかります。”雲海デッキ”を設置した「ゆとりすとパーク」は、毎日”雲海予報”をwebで発表しています。
ブースNoR-091
出展エリア日本
主な業種観光関連団体(観光協会・連盟)
公式サイトhttps://tosareihoku-kanko.com/
SNSリンク
   

 Photos

 Videos