ツーリズムEXPOジャパン 2022

タイ国政府観光庁

タイ国政府観光庁(TAT)は、世界有数の観光地タイの魅力を皆様にお伝えするため今年もブースを出展いたします。2022年、私たちは新しい観光コンセプト「Amazing Thailand, Amazing New Chapters アメージング・タイランド驚くべき新しい章」を掲げ、気候変動などあらゆる地球環境問題の解決に向けた「グリーン・キャンペーン」に積極的に取り組んでいます。会場のブースでは、SDGs関連のワークショップやゲームイベントなどを通じて楽しみながらタイ観光の真新しい魅力に触れることができます。皆様どうぞタイ国ブースにお立ち寄りください。いつもと変わらぬ笑顔で、皆様のお越しをお待ちしています。
ブースNoL-056
出展エリアアジア
主な業種観光局・大使館
公式サイトhttps://www.thailandtravel.or.jp/
SNSリンク
   

 Photos

 Videos

 ブース内イベント(体験イベント)

皆さんはタイの海洋ゴミの中で最も多く見つかるものは何か、ご存知ですか?
このような海洋ゴミを再利用することはできるでしょうか?
私たちはタイの南部クラビ県を拠点に、海洋ゴミとして浜辺で集められたライター、漁網、浮き、陶器のかけらなどをアップサイクルし、地元のバティック布でアクセントを加えた可愛いバッグを制作しています。環境に配慮した新しいアクティビティを是非お楽しみください。
「Elephant POOPOO PAPER Park(エレファント・プープー・ペーパー・パーク)」は、タイ北部チェンマイの地元の職人技と既成概念にとらわれない取り組みで循環型経済に貢献する、ユニークで環境に優しいアトラクションです! エレファント・プープー・ペーパー・パークでは、たくさんの繊維質を食べる象の糞を用いて、木を伐採せずに紙をつくることができるというチェンマイの職人技にインスピレーションを受けることができるでしょう。チェンマイにお越しの際には、緑豊かな屋外の環境で忘れられない体験をお楽しみください。
タイ舞踊は伝統的な古典舞踊と庶民の身近にある民族舞踊とに大別されます。もともとは宮廷用の舞踊として、スコータイ王朝やアユタヤ王朝時代から伝承されてきました。踊りは、サンスクリットの大叙事詩「ラーマヤナ」をタイ風に翻訳した「ラーマキエン」の中から題材を集めたものが代表的。コーン・マスクという魔神の仮面をかぶり、以前は男性の踊り手だけで踊られていた舞が「コーン」(ラーマキエン仮面舞踏劇)、スローテンポで仮面をつけずに優雅に舞うのが「ラコーン」(新古典劇)と呼ばれています。この他、「ラバム」(集団舞踊)、「ラム」(一人舞踊)、「フォーン」(北タイ舞踊)があり、庶民芸能の即興歌劇「リケー」や日本の盆踊りに似たタイ東北地方の「ラム・ウォン」などがあります。ツールズムEXPOでは北部、南部、中央部、東北部の4つの地域の踊りを披露します。

1日3回
「Elephant POOPOO PAPER Park(エレファント・プープー・ペーパー・パーク)」は、タイ北部チェンマイの地元の職人技と既成概念にとらわれない取り組みで循環型経済に貢献する、ユニークで環境に優しいアトラクションです! エレファント・プープー・ペーパー・パークでは、たくさんの繊維質を食べる象の糞を用いて、木を伐採せずに紙をつくることができるというチェンマイの職人技にインスピレーションを受けることができるでしょう。チェンマイにお越しの際には、緑豊かな屋外の環境で忘れられない体験をお楽しみください。
皆さんはタイの海洋ゴミの中で最も多く見つかるものは何か、ご存知ですか?
このような海洋ゴミを再利用することはできるでしょうか?
私たちはタイの南部クラビ県を拠点に、海洋ゴミとして浜辺で集められたライター、漁網、浮き、陶器のかけらなどをアップサイクルし、地元のバティック布でアクセントを加えた可愛いバッグを制作しています。環境に配慮した新しいアクティビティを是非お楽しみください。
タイ舞踊は伝統的な古典舞踊と庶民の身近にある民族舞踊とに大別されます。もともとは宮廷用の舞踊として、スコータイ王朝やアユタヤ王朝時代から伝承されてきました。踊りは、サンスクリットの大叙事詩「ラーマヤナ」をタイ風に翻訳した「ラーマキエン」の中から題材を集めたものが代表的。コーン・マスクという魔神の仮面をかぶり、以前は男性の踊り手だけで踊られていた舞が「コーン」(ラーマキエン仮面舞踏劇)、スローテンポで仮面をつけずに優雅に舞うのが「ラコーン」(新古典劇)と呼ばれています。この他、「ラバム」(集団舞踊)、「ラム」(一人舞踊)、「フォーン」(北タイ舞踊)があり、庶民芸能の即興歌劇「リケー」や日本の盆踊りに似たタイ東北地方の「ラム・ウォン」などがあります。ツールズムEXPOでは北部、南部、中央部、東北部の4つの地域の踊りを披露します。

1日3回