伝泊 + まーぐん広場

ブースNoTBA
出展エリアホテル・旅館・宿泊施設
主な業種ホテル・ホテルレップ・旅館・宿泊施設
公式サイトhttps://den-paku.com
SNSリンク
豊かな森と美しい海に恵まれた、世界自然遺産に選ばれた奄美群島。
飛行機で、東京から約3時間、大阪から約2時間と、奄美大島は特にアクセスに優れている離島です。
今なお手つかずの大自然が残り、昔ながらの伝統が息づくこの土地で、2016年に宿泊施設の運営を中心にスタートした集落の魅力を引き出すまちづくりプロジェクト「伝泊」。

奄美群島には、「シマ」と呼ばれる360以上の集落があり、方言や島唄などそれぞれの「シマ」には少しずつ異なった独特の文化が江戸時代から息づいています。
その「シマ」が持つ個性や、人々の繁栄や暮らしを支えてきた島の自然、そこでの生活を紡いできた人々や、「シマ」独特の文化のことを、私たちは「奄美の宝」だと考えています。

そんな「奄美の宝」を未来へ伝えていきたい、という想いで、高齢者施設や飲食施設を含む複合施設「まーぐん広場」を中心に、奄美大島、加計呂麻島、徳之島の三つの島で、個性豊かな3種類の宿泊施設「伝泊 古民家」、「伝泊 ホテル」そして「伝泊 The Beachfront MIJORA」の運営を行っています。

島のときと対話する宿「伝泊 古民家」では、奄美の風土に根ざす伝統的な建築構法で建てられ、空き家となっていたものを生まれ変わらせた古民家で、「シマ」に暮らすような滞在をお過ごしください。

島のひとと対話する「伝泊 奄美 ホテル」は、かつては島の中心地として賑わった集落の、人々の暮らしの真ん中にあったスーパーマーケットをリノベーションした、島民や観光客が集い交流する複合施設「まーぐん広場」の2階にあります。1階には島の伝統料理を楽しめる「まーぐん食堂」、集落 に暮らすじいちゃんやばあちゃんが集う高齢者施設、さらには島の伝統工芸や食材を買い求めることができるショップを併設。 その2階にある天井が高く、風通しのいい9室の部屋での時間は、まるで集落のタウンホールに泊まっているよう。 旅人はもちろん、集落に暮らす人たちとの対話を、お楽しみください。

島の自然と対話する宿「伝泊 The Beachfront MIJORA」では、一面のガラス窓越しに広がる海と建築との交わりを通じて日常の喧騒を忘れ、心をほぐす体験を提供しています。圧倒的な自然に抱かれながら、美しい海に溶け込むひとときをお過ごしいただけます。

耳に入る子供たちが元気に挨拶する声、じいちゃん、ばあちゃんが話す島の言葉、決まった時間に流れる集落放送。伝統的な島料理を食べ、島の人々が紡いできた文化に触れる。すぐそこにある豊かな自然に包まれながらゆったりと過ごす。
滞在の中に存在する、集落の人や日常との何気ない出会いが、旅人の心を豊かにします。

Videos

Photos