エストニア政府観光局   ブースNo : D-005  

出展エリア
ヨーロッパ
主な業種
観光局・大使館
エストニアは古いものと現代的なものが混ざった、不思議な魅力を持つ国です。
中世の建築物と雰囲気を残したおとぎの国のような街並みが現在も残る、首都タリンの旧市街が知られる一方で、近年はIT先進国であることでも知られています。

首都タリンの旧市街は世界遺産に指定され、美しい街並みに感激するでしょう。
一方、少し郊外に足を伸ばせば、第二の首都タルトゥにある日本人の建築家が設計に携わったエストニア国立博物館や、キヒヌ島やセト地方といった世界無形文化遺産に指定されている魅力的な伝統文化を残す地域、パルヌやハープサル、サーレマー島といった夏には多くの地元の人達も訪れる人気のリゾートエリア、国立公園のボグウォーク等、国中がたくさんの魅力に溢れています!

是非、この機会にエストニアの事をもっと知って、一歩先行く旅を楽しみましょう!