EGYPTIAN TOURISM OFFICE   ブースNo : L-002  

出展エリア
中東
主な業種
観光局・大使館
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
プレゼンテーション:マルワントラベル 村治笙子先生(古代エジプト壁画研究家)
亜熱帯に生育する植物「ヘナ」は、遥か青銅器時代からエジプト人の暮らしの中で利用されていました。ヘナから得ることのできる天然の染料や、この染料を使って身体に美しい模様を描くテンポラリー・タトゥーも、原料である植物同様「ヘナ」という名で親しまれています。会場では、皆様の手にアーティストが無料でヘナをお描きします。ヘナを体験してみたい方、ヘナについてもっと知りたい方、ぜひこの機会お見逃しなく。(無料ヘナはタイムスケジュールの都合上、人数制限がございますことご了承下さい)
ヘナ・アーティスト:ミサキ ヤスミーン    
エジプトは音楽に溢れた国です。数千年の時間をかけて、数々の固有の民族楽器とともに発展してきたエジプト音楽は、独特の旋律を持っています。エジプト音楽専門の熟練した日本人楽団による生演奏を、ぜひご堪能ください。
音楽団:Sout al-Nil
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
世界の人々の心を惹きつけてやまない、古代エジプトの遺物たち。数々の優れた遺物や芸術品を、エジプト考古省が古代と変わらない材料と製法を使用し再現した精巧なレプリカを展示しております。
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
エジプトは音楽に溢れた国です。数千年の時間をかけて、数々の固有の民族楽器とともに発展してきたエジプト音楽は、独特の旋律を持っています。エジプト音楽専門の熟練した日本人楽団による生演奏を、ぜひご堪能ください。
音楽団:Sout al-Nil
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプト文明において陶芸は、世界でも最古の部類に入る長い歴史を持っています。ナイル川で豊富に採れる粘土に恵まれた古代エジプト人は世界で初めてろくろを使用し、また焼成や釉(ゆう)薬の技術を生みだした人びとといわれています。釉薬の技術の発展は、新王国時代の色鮮やかな芸術の誕生にも繋がりました。ブースで開催するワークショップでは、エジプト人陶芸家が数千年前と変わらない方法で陶器を制作する様子をご覧いただけます。現代に受け継がれた素晴らしいエジプト陶芸の世界を、ぜひご体感ください。
陶芸家:サミール・ラビーブ
古代エジプト女王と一緒に、ファラオの衣装を着て写真を撮ろう!
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプトは音楽に溢れた国です。数千年の時間をかけて、数々の固有の民族楽器とともに発展してきたエジプト音楽は、独特の旋律を持っています。エジプト音楽専門の熟練した日本人楽団による生演奏を、ぜひご堪能ください。
音楽団:Sout al-Nil
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
亜熱帯に生育する植物「ヘナ」は、遥か青銅器時代からエジプト人の暮らしの中で利用されていました。ヘナから得ることのできる天然の染料や、この染料を使って身体に美しい模様を描くテンポラリー・タトゥーも、原料である植物同様「ヘナ」という名で親しまれています。会場では、皆様の手にアーティストが無料でヘナをお描きします。ヘナを体験してみたい方、ヘナについてもっと知りたい方、ぜひこの機会お見逃しなく。(無料ヘナはタイムスケジュールの都合上、人数制限がございますことご了承下さい)
ヘナ・アーティスト:ミサキ ヤスミーン    
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプト文明において陶芸は、世界でも最古の部類に入る長い歴史を持っています。ナイル川で豊富に採れる粘土に恵まれた古代エジプト人は世界で初めてろくろを使用し、また焼成や釉(ゆう)薬の技術を生みだした人びとといわれています。釉薬の技術の発展は、新王国時代の色鮮やかな芸術の誕生にも繋がりました。ブースで開催するワークショップでは、エジプト人陶芸家が数千年前と変わらない方法で陶器を制作する様子をご覧いただけます。現代に受け継がれた素晴らしいエジプト陶芸の世界を、ぜひご体感ください。
陶芸家:サミール・ラビーブ
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプトは音楽に溢れた国です。数千年の時間をかけて、数々の固有の民族楽器とともに発展してきたエジプト音楽は、独特の旋律を持っています。エジプト音楽専門の熟練した日本人楽団による生演奏を、ぜひご堪能ください。
音楽団:Sout al-Nil
エジプト文明において陶芸は、世界でも最古の部類に入る長い歴史を持っています。ナイル川で豊富に採れる粘土に恵まれた古代エジプト人は世界で初めてろくろを使用し、また焼成や釉(ゆう)薬の技術を生みだした人びとといわれています。釉薬の技術の発展は、新王国時代の色鮮やかな芸術の誕生にも繋がりました。ブースで開催するワークショップでは、エジプト人陶芸家が数千年前と変わらない方法で陶器を制作する様子をご覧いただけます。現代に受け継がれた素晴らしいエジプト陶芸の世界を、ぜひご体感ください。
陶芸家:サミール・ラビーブ
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
世界の人々の心を惹きつけてやまない、古代エジプトの遺物たち。数々の優れた遺物や芸術品を、エジプト考古省が古代と変わらない材料と製法を使用し再現した精巧なレプリカを展示しております。
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプト文明において陶芸は、世界でも最古の部類に入る長い歴史を持っています。ナイル川で豊富に採れる粘土に恵まれた古代エジプト人は世界で初めてろくろを使用し、また焼成や釉(ゆう)薬の技術を生みだした人びとといわれています。釉薬の技術の発展は、新王国時代の色鮮やかな芸術の誕生にも繋がりました。ブースで開催するワークショップでは、エジプト人陶芸家が数千年前と変わらない方法で陶器を制作する様子をご覧いただけます。現代に受け継がれた素晴らしいエジプト陶芸の世界を、ぜひご体感ください。
陶芸家:サミール・ラビーブ
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
ファラオの衣装で古代エジプト女王と写真を撮ろう!
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)
亜熱帯に生育する植物「ヘナ」は、遥か青銅器時代からエジプト人の暮らしの中で利用されていました。ヘナから得ることのできる天然の染料や、この染料を使って身体に美しい模様を描くテンポラリー・タトゥーも、原料である植物同様「ヘナ」という名で親しまれています。会場では、皆様の手にアーティストが無料でヘナをお描きします。ヘナを体験してみたい方、ヘナについてもっと知りたい方、ぜひこの機会お見逃しなく。(無料ヘナはタイムスケジュールの都合上、人数制限がございますことご了承下さい)
エジプト人は音楽、踊り、お祭りや芸術をこよなく愛してきました。エジプトの各地域には、文明の黎明期から人々の暮らしとともに発展したその土地ならではの民族舞踊が数多く存在します。これらは日本でも大変人気が高く、大勢の愛好者の方が高度なレベルの舞踊を学んでいます。これらの舞踊をご紹介できるこの機会を大変嬉しく思います。日本で活躍中のエジプト民族舞踏メンバーによる熟練された踊りを、エジプトの伝統音楽とともにお楽しみください。
舞踏団名:(エジプト屋)
エジプトはタンヌーラと呼ばれる旋回舞踏ショーの国としても有名です。瞑想や宗教的実践の一つとして伝えられた舞踏は、エジプトで鮮やかな色彩、音楽と踊りが融合した芸術舞踏に発展していきました。エジプト・ブースではエジプト国内はもちろん、世界的にも名高いエジプト民族舞踏団「マフムード・レダ民族舞踏団」のメンバーによるタンヌーラ・ショーの上演を行います。
ダンサー:モハメッド・ガリーブ(マフムード・レダ民族舞踏団)